効果的なトレーニング方法

筋トレと言うとつらい、疲れるなどネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。

もちろんある程度の疲労感はどうしても感じるでしょうが、正しいやり方で行えば、効果も実感しやすいですし、だるさよりも爽快感を感じ、日々に活力を与えるでしょう。ただ、むやみやたらに負荷の高いトレーニングを行えばいいというわけではなく、きちんとした知識を身に付け、正しい方法で行ってこそ、怪我等のリスクを避け、効果的な筋トレを行うことができるのです。

筋トレを行うにあたって、効果的な負荷、レップ数は限界回数を3回行うことだとされています。こちらはマシンを使ったトレーニングでも、自重による負荷トレーニングでも同じです。自重トレーニングの場合、マシンを使った負荷のかけ過ぎによる怪我のリスクは少ないですが、ある程度筋肉が付いてきた場合、どうしても負荷が物足りなくなってきますし、フォームによってトレーニングのしやすさが変わってしまうため、限界回数を見極めるのが少し難しいというのも難点と言えます。

フィットネスクラブなどに設置されているマシンを使えば、負荷の見極めや、回数の設定が容易ですし、筋力アップに伴った負荷の変更も簡単に行えるため、効率的に大きな筋力アップをはかりたいといった場合に最適であると言えます。また、フィットネスクラブにはトレーナーがいるので、トレーニングに関するアドバイスももらえます。初心者はそういった施設の利用から始め、正しい筋トレの方法を学ぶのもいいでしょう。